痩身エステで痩せ決意ブログ

下半身の脂肪をなんとかしたてキャビテーションを検討中

私は比較的上半身は痩せ気味なのですが、下半身がかなりの洋ナシ体系です。服を選ぶときトップスはSでボトムスはLやLLでかなりバランスが悪いんです。そこで下半身太りをなんとかしようと思って本屋ネットで調べました。

 

すると「シャワーをやめてお風呂にじっくりつかる」こと、それから「食べ物はパン類を止めてごはんにする」という記事を見つけてさっそく試してみました。いつもお風呂はシャワーで簡易的に済ませてしまっていたのですが、お風呂につかりながらリンパの流れにそって脚を手でぐいぐい押してあげるととても効果があるそうなのです。

 

浴槽の中にバスソルトを入れると更に脂肪燃焼効果があるらしいことも分かったので、通販で探して買って使ってみました。そして食生活についてなのですが私は朝はパンで間食もつい菓子パンをよく食べていました。パンは下半身を太らせる原因が詰まっているらしく(詳しい内容は昔なので忘れてしまいましたが)それを米粉パンにしたりお米にしたりして、とにかくパンを絶つことにしました。

 

初めてから1か月ほどしてふとお風呂上りにメガネをかけて足をよく見てみるとなんだか少しほっそりした気がしました。ストレッチの効かない履けなくなっていたデニムがあったのですが恐る恐る履いてみると…なんと履けたんです。これはかなり感動しました。

 

私の腿は立って下を見下ろすと腿の部分だけ出っ張っているくらいとても脂肪がついています。ですが、上記の方法を試した事で履けないデニムが履けたという成果が出たのでよかったです。

 

今度は、もっと痩せるために痩身エステサロンに通いたいと思っています。キャビテーションが気になっているんですよね。続きはまたあとで。

 

更年期後の激太りから脱却するために誓ったこと

 

私は現在50代。一昨年から昨年夏頃までいわゆる「更年期障害」に見舞われ、様々な不快症状を経験しました。

 

更年期障害として有名なのものに、「大量の汗をかく」とか「理由もないのにイライラする」といったものがありますが、私の場合そういうメジャーな症状はあまり出なかったかわりに、しつこい膀胱炎が出る、酷い耳鳴りがする、といった症状が続きました。

 

そしてあまり知られていないことですが、更年期を過ぎてしばらくしてしばらくすると女性は急に太りやすくなるという事実があります。

 

これは女性ホルモンの分泌率によるもの。女性ホルモンがしっかり分泌されている若い頃は、肥満になりにくい状態に体が出来ているそうです。

 

しかし更年期はその女性ホルモンが急激に減る時期。従って更年期後女性ホルモン分泌が非常に減った状態が普通になった時に、どうしても太りやすくなってしまうわけです。

 

私も昨年更年期から来る不快な諸症状から解放されほっと一息ついた頃から急に体重が減りにくくなってきました。

 

数年前から定期的に運動もし、食事内容にもそれなりに気を配ってきたつもりだったのにもかかわらず、計測するとじりじりと体重も体脂肪も増えていくのです。

 

それがマックスの状態になったのは、2014年のお正月あけでした。何と4年前、最も太っていた頃まで体重が戻ってしまったのです。

 

正直かなりショックでしたね。でも何もしないでいればもっと状態が悪くなるのは目に見えています。そこで年頭に決心しました。

 

今年は一年がかりで体重を4〜5kg減らす。ゆっくりとあせらず。ジム通いは今まで通り行い、それと並行して早歩きする時間を増やす。そして食事と別にプロテインを朝にプラスする。痩身エステも検討する。以上です。

 

これをカレンダーの余白に書き込みました。それからまだ1ヶ月しか経っていませんので、もちろんまだ大きな成果は出ていませんが、2月最初の計測では体重が2kg程減っていました。筋肉量がじりっと増えたのも嬉しかったです。

 

これからの自分の頑張り次第で体がどこまで変われるか、トライする価値ある試みだと思います。